• プロフィール

    ぴょんのすけ

    ニックネーム:ぴょんのすけ
    自己紹介:山歩き、寺巡り、農業、お酒、温泉に興味シンシン

  • 検索フォーム


2011/09/30(Fri)

無力感

昨日、朝日岳から少し降りたところにテントを張ったのは、日が沈みかけた5時半頃だった。

今朝は強い風の音で目が覚めた。外は霧、行動するか否か判断に迷うところではあったが、雪倉岳の先の避難小屋までは、まず、足を進めることにした。

雪倉岳がうっすら望めるところに出た。明らかに横殴りの風と雨。遮るものは何もない。頂上までたどり着ければ、あとは下るだけ…と…、更に前進した。

顔に当たる雨が痛い…、コンタクトが浮き目が開けられない…、ザックカバーがパラシュートの様になり足元がふらつく…。

やっとの思いで雪倉岳頂上に。

ホッとしたのも束の間だった。下り始めたその時、想像を超えた強風に恐怖を感じることになる…。

立っていられない…。地面に這いつくばっていても、地鳴りさえする風に身体がもっていかれそうだ。足が前に出ない…体力が奪われる。

色んなことを考えた…。結果的には無事避難小屋にたどり着けたが教訓を得た。

そんな状況のなか、雷鳥が僕らを横目に余裕のステップを踏む。小石でさえ、ビクともせず当たり前のようにそこにいる…。

自然の前では人は無力だ。

20111006184429
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top