• カレンダー

    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

  • プロフィール

    ぴょんのすけ

    ニックネーム:ぴょんのすけ
    自己紹介:山歩き、寺巡り、農業、お酒、温泉に興味シンシン

  • 検索フォーム


2012/08/30(Thu)

秋神の本祭り

住んでいる西洞地区のお祭りが津島神社で行われる。
この日は、村の人達の特別な日。飛騨地方は、今でも昔からの祭りが変わらず、大事にされている。

今年始めて、氏子として参加することとなった。
それぞれの人に雅楽、鶏頭楽、獅子、稚児などなど、役割がある。僕の今回の役目はお旅所回りをする際、旗を持ち、御輿を先導する先旗。

神主さんが登場し、粛々と境内で行事が執り行われていく。笙(しょう)や稚児の舞の鈴の音が神社に響き渡り、神聖な空気に包まれる。

お昼休憩には、神社の横にある公民館で、早速お酒が振る舞われる。
その最中、突然…朝からの天気が嘘のように、厚い雲が拡がり、そのうちスコールのような雨が降ってきた。

結局、雨が止まず、お旅所回りは中止に…、僕の先旗デビューも飾れなかった。予定が変更となり、公民館に御輿を移し、そこで獅子や鶏頭楽(鐘)の舞が披露された。
雨が降っても、村の人達はお酒を交わしながら楽しそうで、笑い声が絶えないでいる。

なんにせよ、無事、祭りは終了した。

それぞれの家では、昼間から女性が夜の準備で忙しい。身内の人を招き、おもてなしをする。

今晩はN家の宴に招待され、いつもながら遠慮なく、ご馳走をいただいた。

翌日、祭りの片付けの後、またまた反省会と称してお酒がでる…。飲み続けている…。
その後、今度はとなりの部落の祭りにkatoさんから誘いをうけていた。秋神では部落ごとに1日づつ日にちをおいて、祭りがある。
ここ一之宿地区の祭りは石階段を上りつめた小高いところにある神明神社で行われる。
西洞地区より氏子が少ないせいか、ひっそりと静寂な雰囲気がそれはそれでまた良い…。

昔の祭りには出店も来たりして、子供も多く、もっと大勢の人達で賑やかだったという。
この一之宿地区では、来年から稚児役の子供がいないようで、稚児の舞も今年が見納めになる可能性もあるらしい。それが過疎化の現実だと考えると寂しく思う。

ここでも、お昼からお酒が振る舞われる。さらに、夜にもkatoさんに招かれ、またまた大ご馳走をよばれた。

飲みっぱなし、食べっぱなし、ご馳走になりっぱなしの2日間だった。

これから農業に携わっていこうとする僕としては、もっともっと、この地域の歴史なども勉強して、この祭りに対する心構えを養い、文化を引き継いでいく一員になっていければいいなぁと…。

その前に…まず、飲み過ぎで体を壊さないように……だな…。

20120911151304
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/27(Mon)

ようこそ ようこそ

昨日から友人のO家が来てくれた。
去年の冬以来で、今回はtaku(1才)が秋神デビュー。山好きの両親をもつtakuはたくましく育っている様子だ。
だが…男にはなつかない女好き。父親に似たのかどうかは別として、父親tuuクン、囲炉裏部屋で早々に酔っぱらい、takuを抱えたままひっくり返えっていた。
hisaチャンに叱られっぱなしのtuuクンは、その晩泊まった胡桃温泉キャンプ場で車に放置されていたとかで……。

今日は、まず、山の上の畑にご案内。tuuクンに小屋作りのための倒木を運びだすのを手伝ってもらった。
その後、鈴蘭高原のペンション“ハンモック”にいくことに。
ここの屋根裏の手作り雑貨が見応えある。ご主人が趣味で少しずつ作り始めたものが積もり積もって、和む作品がところ狭しと展示販売されている。
自然や既に周りにあるものを利用し、形にする。僕もその精神を肝に命じたい。

O家と別れた後、再び畑に戻る。
数本の倒木を運びだしたり、薪用に切って転がしていたものをkazuさんに手伝ってもらい、軽トラで家まで運ぶ。
あぁぁ〜 薪小屋も早く作らなきゃ…。

夜には、もう一人、本チャンが巡り合わせてくれた大事な友人naoチャンが秋神を訪れてくれた。
naoチャンも御嶽好き。朝から胡桃島キャンプ場から剣ヶ峰までピストンしてきた帰りに寄ってくれたわけだが、見かけによらず、かなりの体力の持ち主…。

我が家につくなり、狭い家を案内すると、naoチャン、ナイスなリアクションで何だか嬉しくなってくる。

実はその晩、女の子匂いを嗅ぎ付けたのか、偶然、yo'chanが捕った鮎や岩魚を焼いてもってきてくれた。さすが…だ。
毎度のsagochanも誘い、囲炉裏を囲み、今宵の宴が盛り上がる。
何を話してたのか…。いつの間にか日付もかわると、yo'chan…が熊ワールド!?にいっちゃって、意味不明な言葉を発しておられたのであった。

O家、naoチャン、また秋神で一緒に楽しい時間を過ごしましょーね。


(写真)以前、ハンモックで購入し、囲炉裏部屋に飾ってある御嶽の絵とひつじ


20120904202504
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/16(Thu)

小坂の滝めぐり

父と母が引っ越し後初めて訪れてくれた。
両親も僕の行動に戸惑いを隠せないものの、様子を見に来てくれて、有難いと思う。

昨日、今日と普段お世話になっているご近所さんに挨拶にまわる。
あいかわらず、あたたかく迎えてくれ、両親が心配にならないような言葉をいただける。

今はまだ草まるけの山の上の畑に連れていった。これから変わってくるであろう最初の姿も見てもらいたかった。
ただ、獣の気配を感じるのか、落ち着かない様子…。確かに猿の群れもいれば、山を下る途中、熊が顔をだした…。

せっかくなので近くの観光スポット“小坂の滝巡り”にいく。
観光客でにぎわっていて、僕も久しぶりのレジャー!?で何となく力がぬける。

たっぷりマイナスイオンをあびて、両親と別れた。

また来てくれる度に少しずつ形になっていくところを見てもらえるように頑張らねばっと…、その後畑に戻り、草刈り&溝堀をするのであった。

20120903211105
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/14(Tue)

秋神の家 夏の夜

世間はお盆休み真っ只中。

秋神も帰省や行楽の人達で普段より賑わいがあり、休日独特な空気が流れている。
夜、秋神の家でBBQをするということで参加することに。

今、秋神の家は満室状態。冬しか利用したことがない僕らは、ここにこんなに大勢の人が集まっていることを知らない。

移住をして農業をしていきたい僕らに興味をもってもらえようで、色々と話しをすることができた。

皆それぞれ、秋神に誘われ、触れ、想う。ここでのそんな人達との新たな出会いにいつも刺激をうける。

涼しい夏の夜空の下、今日もたらふくお酒を飲みながら…、秋神に期待する人達のために少しでもお役にたつことができればいいなぁ…と思うわけで…。

20120901202104
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/09(Thu)

秋神の家の仲間

秋神の家に珍しく同年代夫婦が1週間の滞在でやってきた。

S夫婦は、都会を離れ、田舎生活にも興味をもつ行動派な夫婦。kazuさん、ma-tusがいる畑で農業体験を希望し、2日間汗を流した。

旅の最後の夜。
我が家に招いて、囲炉裏で一杯がいっぱい…やることにした。

少し遅れてkazuさん、sagoさんが合流。

kazuさん“移住してくる人には、何かしてあげたい!できる限りの協力をしたい!”と…。その無償の情、想いが強く伝わってくる。
最近、この地で普通に生活していけることが僕たちの役目のような気がしている。そして、少しずつ想いを表現していきたいし、それを自然豊かな環境が包んでくれそうで、そのことは一個人としての存在価値さえ感じさせてくれる。

とにかく、この秋神に志をもった人達が集まり、より何だか楽しく、元気で、穏やかな風景が残していければいいなぁ〜と思うわけで…。
そんなこんな話し!?をしながら、酔いが進むと、よくありがちな、腕相撲や絵心対決が始まる。

daichan、yo-kochanのまたの秋神への再来が楽しみだ。

(写真)どちらもアラレちゃん

20120813205606
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home Home | Top Top