• プロフィール

    ぴょんのすけ

    ニックネーム:ぴょんのすけ
    自己紹介:山歩き、寺巡り、農業、お酒、温泉に興味シンシン

  • 検索フォーム


2011/09/22(Thu)

落合監督

今日急きょ、友達にナゴヤドーム、ヤクルト戦のチケットを貰うことができ、観戦にいった。

試合は相手ピッチャーの調子が悪いにも関わらず、5回までヒットも出ず、すっきりしない試合だったが、逆転勝利で結果的には気分がよかった。ビールもうまかった…。

落合監督が退任するという。“名選手、名監督にあらず”と言われるが、8年間の見事な成績には、その言葉は当てはまらない。
一度作戦を決めたら、周りの人に任せ、試合中は感情を表に出すことなく、覚悟をもって、どっしり戦況を見守る。

何処と無く…“坂の上の雲(司馬遼太郎)”のなかの“東郷平八郎”と重なるところがあると思うのは、僕だけだろうか…?

20110927073802
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/18(Sun)

転居候補地?

下山後、飛騨古川で1泊することに…。
“大関屋旅館”、おばぁちゃんは、とっても優しい人で、落ち着く宿だった。夕食は以前いった“いなほ”へ…。個性的な地元のお客さんとふれあうこともできた。飛騨古川、面白い人が多いっ!

今日は帰りすがり、Nさん家によった。ハウスの野菜は順調に育っている様だった。
ぼちぼち転居先探し始めようと、まずNさんの今は使ってない別荘?を見せてもらった。
トイレやお風呂がないとか…で少し修復しないといけない感じではあったが、窓から見える沢があり、おじぃいさんが作った池があり…。いろんな想像が膨らんだ。
“色々な動物や虫と仲良くなれるよ”とNさん。

確かに…確かに…。

20110918202129
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/17(Sat)

霧のトンネル

昨日は双六小屋のキャンプ場泊、ビールがうまかった。

今朝は昨日までの青空は何処へやら…、強い風と真っ白な風景。
笠ヶ岳にいき、今回の旅を締める予定だった。
行動できないほどの天気ではなかったが、行きたい気持ちをグッッとこらえ、これも山の神様の思し召しと考え、下山することに…。

霧のなかを歩くのも良いものだ。何も余計なことを考えず、頭のなかも真っ白で歩ける。

タイムスリップするかのように…霧のトンネルをくぐると、そこは下界だった…。

1週間ぶりの下界でのビールも、やっぱりうまかった。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/16(Fri)

黒部五郎岳

黒部五郎小屋のキャンプ場を朝5時に出て、身軽な荷物を持ち、黒部五郎岳の登頂に向かう。

空が明るみ、黒部五郎岳のカールが上から徐々に太陽に照されていく。
紅葉しかけの草を揺らす秋風に、昔から変わらない四季の風景がここにずっとあることを感じさせてくれる。

頂上は大展望。南側展望には笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山順序よく連なる…。
“黒部五郎” 雪山の季節に滑りに来たい!…と想いが熱くなる…。

20110918202115
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/15(Thu)

黒部源流

今朝もまたまた…快晴。感謝の一言。
ゆっくりと準備し、後ろ髪を引かれながら、キャンプ場を後にする。

雲ノ平の散歩、スイス庭園にいく。そこからは薬師岳、水晶岳、立山をバックに、昨日いった高天原が眼下に見える。改めて深く良い空間だとしばらく、ぼっ〜と眺めていた。

日本庭園を過ぎると雲ノ平が終わり、しばらくすると沢の音が聞こえてくる。
沢を挟み、向こう側に三俣山荘、その奥に槍ヶ岳、穂高が姿を表す。(写真)
その風景を見ていると…、鷲羽岳〜三俣山荘〜三俣蓮華岳が結界となり、こちら側が天国、あちら側が地獄という図を想像する…。

黒部源流に降りる。黒部源流…?生?の源がそこにある。河原の岩でしばらく寝転ぶ。
今始まるせせらぎの音を聞きながら…。

20110918202108
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top